INFORMATION

新着情報

2030年を見据えて、ボルボはすでに販売する全車両が電動化を完了!

ボルボ・カー山口のホームページをご覧頂きありがとうございます。

菅総理大臣が2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする考えを示したことを受けて、
経済産業省は新車販売における「脱ガソリン」の目標を検討しているというニュースが入ってきました。

2030年代半ばには、ガソリンエンジンだけの車をなくし、すべてハイブリット車や電気自動車、水素を使う燃料電池車などにする目標です。

これは、2015年頃には新車の販売ではガソリンエンジンだけの車をゼロにし、
すべて「電動化された車」にするということになります。
すでに欧米などでは、2030年代にガソリン車の新車販売禁止する動きが広がっています。

「脱ガソリン」が進んでいく中、これから車はどうなるの?
ボルボなら大丈夫です!ご安心ください!
ボルボは全モデル、全グレードがハイブリッド化を完了しています。

来年には、BEVと呼ばれる、完全電動モデルを導入します。
圧倒的な走行性能と地球環境への配慮をいち早く両立させておりますので、
これからも、安心してボルボライフをお楽しみください。

ボルボ・カー山口には、プラグインハイブリッド用の充電設備が4か所配備してあります。
2021年1月には、50Kwの急速充電設備を配備して電動化に対応いたします。
ご家庭に充電設備が無くても、心配ございません。

ボルボのハイブリットモデル
48Vハイブリットについて詳しくはこちらから。
プラグインハイブリットについて詳しくはこちらから。

2020/12/04